五月二十五日

最近は同人イベントに出るので毎日文字を書いています。文字を書くことはすきだけれどどうしても自分の中にある気持ちがごちゃごちゃになってしまうのでとても苦しいです。でもすきなのでまた書いてしまう。自分のことなのに自分のことがまったくよくわからない。あと今回はイベントに出るのでどうしても「ひとにみせる」ということが付きまとっているのでとても苦しいのです。ひとに自分でつくったものを見せるということが高校生のときにどうしてもだめになってしまって、でもインターネットにあげることは大丈夫になってきて、それからしばらくして誰も友だちがいないところで出すのは平気になったのだけれど、今回はフォロワ―さんもいるので心が苦しいです。こんなものを、と思ってしまうのです。そのたびに同人誌は自己満足、と思うのですがどうしたってうまくいかない。わたしのなかにいるわたしを人に見せているような気がしてどうしたって恥ずかしいのです。どうしたって慣れない。高校生のときからわたしはずっとわたしのままで、なにひとつ変われていないんだなあということを再認識してしまうのです。

最近はわたしと同じ誕生日の同級生のおなかのなかにあかちゃんがいる、と言うことを聞いたのでどうしたってこころが落ち着かない。焦っているわけではなくて、みんながみんなどこか遠いところに行ってしまう気がして、どうしてもさみしい気持ちになってしまうのです。その同じ誕生日の同級生の子とは小学六年生のときにすこしだけ仲がよかっただけなのであんまり接点はないのに、なぜかとても悲しい気持ちになってしまうのです。わたしはまだわたしのことを18歳か、よくて20歳だと思っているので、現実とうまく折り合いがつけられないのかもしれないなあ、と最近思うようになりました。みんな結婚してどこか遠いところに行ってしまうのがとてもさみしい。まだみんなで放課後の教室でいろんな話をしていたいし、りぼんとかちゃおとかなかよしのふろくとかマンガとかのことをしゃべっていたいです。でももうそんなことはできなくて、みんな新しい家族や人間関係をつくっていっているし、もちろんわたしも新しい人間関係をつくっているわけなんだけど、でも、どうしたってこころのなかに空洞ができたようになってしまうのです。まったくやんなっちゃう。現実で生きるのは向いていないんだと思います。これは同じ誕生日の同級生が、と言うわけでは全然なくて、たまたまともだちにすすめられて婚活アプリもやり始めたんだけど、世の中の人はこんな会話を平気で出来るのか、すごいな、という感想しか出てこないです。友だちでも身内でも知り合いでもない人間に向ける感情がたぶんしんでしまっているんだろうな、と思ってしまうくらいまったく感情が動かないのです。みんなすごいな。がんばらねば。つづく

四月十七日

生きています。ともだちとセクシーゾーンさんのコンサートに行ってきました。うろ覚えの興奮のまま書いているので少し読みづらいと思います。

セクシーゾーンさんのコンサートと言うか、わたしはジャニーズさんのコンサートが初めてで、というかコンサートと呼ばれるものが初めてなのでめちゃくちゃ緊張しながら行ったのですがすごい楽しかったです。ほんとに……アイドルってすごい……物販も全然違くてびっくりしました。わたしはうちわとペンラを買いました。すごい。なんかこの時点でめちゃくちゃ楽しくてすごかったです。すごいです。あと女の子の率がすごくて、いままで女の子と男の子の割合が半分とか、女の子がちょっと多いかな、とかくらいだったのでめちゃくちゃハッピーでした。かわいい子がいっぱいいました。すごい。席が当日入場の際にわかるというもので、先に入場して席わかった人の中から「キャー!」と言う声が聞こえててすごくて、いやなんかおめでとう……と思いました。いい席あたったんだね……と言う感じです。わたしたちはみんなでスタンドかな~とか言って待ってたんですけど、いざきてみたら、すごい良い席がきて、なんかもうどうする? って感じでした。すごいんです。ステージがすごい近いんです。いままでこんないい席きたことないけど!? という感じです。ほんとうすごくて、いやほんとうにすごくて、なんか今思い出しても夢かな!? となっていますが現実でした。始まるまで時間があったので席でぼーっとしたりみんなの会話を聞いたりおはなししたりコンサートのマナーを聞いたりしながら待っていたのですが全然現実味がなくて夢かな~という感じでした。もうすぐ始まりま~すというときに、せ~の! と言う声が聞こえて、セクシーゾーン! というコールがかかって、光が消えて、文字が光って、はじまったんですけど、なんかもうそこの場面まじで覚えていなくて、メンバーのみなさんがどうやって出てきたのか覚えていないんです……でも最高だったという事は覚えているんです。すごかったです。アイドルってすごい。ほんとにステージに近くて歌ってる顔とか表情とかすごい細かいところまで見られて、なんだかほんとうにすごくて、きていで、キラキラしていて、ほ、ほんとうに同じ人間か? ってなんべんも思いました。痩せます。ずっと最初から最後まで楽しかったし、すごいよかったです。すごかった。ほんとうにすごかったです。あとめちゃくちゃ席が近かったおかげかファンサをもらった気がしたんですけど、これみんな言うやつだよね? ってともだちに聞いたらみんな言うやつだよと言われたのでたぶんみんな言うやつです。いやでも目はあった、合ったんです。アイドルってすごい……つづく。

二月二十八日

最近はイベントに行ったり原稿をしたり友だちと遊んだりオタク楽しい毎日です。こんなに楽しいとあとでどんでん返しが来そうで怖いな……と思っていたら仕事でわりと失敗したので浮かれているとあとでその分ちゃんと対価を支払わないといけないんだなあとしみじみ思いました。最近はめっきり春なのでとても気分がいいです。春は落ち込んだり悲しくなったり楽しくなったりかと思えば辛くなったり躁鬱か? ってくらい気分の浮き沈みが激しいのですがこの感じは結構好きです。春は無条件でわくわくしてしまいます。新学期だし、新しくなるし、誕生日もあるし。でも少し不安もあるので、なんだかそれも全部ひっくるめて楽しい、って感情になってるんだろうなあと思います。仕事は来年度の予定がまっっっっっっっっっっっっったく知らされていないのではやくしてくれ……という気持ちです。でもクビにされないといいな~というくらいの気持ちなのでまあまあやっています。

お題「もう一度行きたい場所」

久々にお題スロットを回してみたのでそんな文字を書きます。もう一度行きたい場所は沖縄です。年中行きたいのですけれど、卒業旅行で行った、橋を渡っていく海がとてもきれいでまたそこに行きたいのです。もう記憶がおぼろげなのだけれどとてもきれいだったことは覚えているので……あと空港の出発ロビーのアサイー? かなにかの飲み物をまた飲みたいです。卒業旅行で行った沖縄のことずっと覚えていられると思ってたんだけどぽつぽつ記憶がなくなってて、なんだかとても悲しい気持ちになっています。でも、空港までの電車で窓の外の景色を見ながらなんだか映画をみているようだなあと思ったことと空港で飲んだジュースのこと、水族館でほかの卒業旅行だろうと思われる人たちがアニメの話をしていたことと橋を渡って行った海のことと、あと最終日にみたおおきくてきれいな流れ星のことは忘れていなくてちゃんとしっかり覚えているので、なんだかわたしの記憶力もいいんだかわるいんだかだなあと言う感じです。とにかくまた沖縄に行きたいです。今年こそ行きたい。つづく。

九月五日

最近なんだかめちゃくちゃに人生楽しいのですけど後でどんでん返しが来そうで怖いです。最近は遊びまわっているのでばくだん焼きを食べたりイベントに参加したり映画をみたりしました。ばくだん焼き、腐女子と行ったのですが本当に楽しすぎて一生このままがいい……と思いました。アクキーも私のおしばかりが出ましたし……な、なに……ほんとうにどんでん返しがきそうです。ここからは打ち上げ花火のネタバレがあるのでたたみます。

続きを読む