読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三月五日

夜明けのまちが好き。あと夜明けと、夜の空港も好き。母が旅行好きだったので小学生のころよく連れて行ってもらっていたのだけれど、その中で一番覚えているのは空港に向かうまでのバスだ。次点で朝の飛行機から見える滑走路。空港には朝早い、四時発のバスで向かっていた。六時とか七時とかの飛行機にのるから。電車じゃ間に合わないのだ。そのバスの中で夜中がだんだん朝になっていくのを見ていた。四時のバスに乗るには最低でも三時には起きなくちゃならないのでとても眠かったのだけれど、それでもその景色が見たくて頑張って起きていた。朝になりかけのまだ夜中の空気の中で、バスの窓から見える東京タワーが光っているのを見るのが好きだった。それだけのために旅行に行きたいくらいは好き。今でももずっと。あと朝の空港も好き。あのお店がほとんど何も開いていないけれど、これから何かが始まるという気がするからわくわくする。空港はなんでも好き。飛行機も。離陸するときと、着陸するときに見えるあの小さな光の点線が好き。朝はもう忘れてしまったけれど、夜の光の点線は本当にきれいでびっくりした。飛行機の中でもってた楽しさみたいなものと、すこし不安みたいなものが混ざり合った感情も好きだ。旅行に行きたい。沖縄とか、鹿児島とかに。

昨日と今日は二日間とも出かけた。昨日は母と、今日は友だちと。お休みの日の二日間とも出かけるのは久しぶりのことだったので少し疲れてしまったけれど、とても楽しかった。楽しかったせいで不安になるくらいは楽しかった。楽しいと不安になるのでそこそこの楽しさがいい。前にその話をおいしゃさまにしたら「それはどういうことですか」と言われたことがある。たぶん普通の、なんともないひととはすこし違うのかもしれないとそのとき思った。わたしもなんともない人なのだけど、なんともあるのかもしれない。昔はなかった気持ちだと思うから、高校生くらいの時から出てきたんだと思う。よくわからない。よくわからない気持ちばかりある。

広告を非表示にする

三月三日

仕事が決まった。仮ではない。前仮だったところじゃないところに決まった。よくわからないけれどなんかそうなってしまったし、でも来年の更新はわからないって言われたからもう心が折れそう。今年こそ試験は受けるけど多分受からないからどうしたらいいんだろうなって考えてる。でもこんどは前仮だったところの面接もある。多分こっちはお断りをすると思う。仮だったのは地元だったんだけど、地元のほうは、中学生のときに大嫌いだった先生がまだいると聞いて一瞬で嫌になった。中学校の先生の中で好きだった先生は一人しかいないのだけど、その先生は地元ではないどこかへ行ってしまったみたいだ。よく知らない。中学校はその一人の先生以外全員嫌いだった。えこひいきと自分勝手が蔓延していたし、大人なんて、先生はくそだと思った。そう思ったまま高校へ行って、高校の先生はここまで優しいのかとびっくりしたくらい中学校の先生は嫌な人ばかりだった。わたしも嫌な生徒だったかもしれないし、何の記憶にも残らない生徒だったかもしれないけれど、それにしたって嫌です!と大声で言えるくらい嫌いだったし嫌だった。今でもそう。ついこの間までどうか幸せにならないでくれと思ってたくらいには担任の先生も、その周辺の先生も嫌いだ。なので地元には行きたくない気持ちしかない。まだ採用になってないけど、嫌な気持ちしかないし、悪口しか出てこない。小学校の記憶はほとんどないのであまり言えないけれど、嫌いな先生が一人いた。小学校は担任の先生以外あんまりかかわらないからそのほかはよく知らない。でも嫌だった記憶はあるから、多分相当嫌いだったんだと思う。えこひいきをする先生だった。それはよく覚えている。えこひいきをされない側だったから。先生が嫌いなのに、そもそも学校が嫌いなのになんでこの仕事をしているのかは資格があるから、なんだけど、本当に先生は今も苦手だ。そもそも学校が楽しいと思っているのが不思議だ。わたしが学校行事という行事のすべてが嫌いだったし、学校という入れ物自体好きではなかったからそう思ってしまうことは重々承知なんだけど、それにしたって不思議すぎる。学校に関しては悪口と嫌な記憶しかない。がんばらねば。

広告を非表示にする

二月二十四日

仕事が決まった。仮だけれど。地元に申し込んだらその日のうちに電話がかかってきた。なるほど、と思う。やはり資格を持っていると有利なのだなとも。あんなに嫌だったけれど、と言うか今も嫌で嫌で仕方がないけれど、この職種ではこうも楽なのかと思った。あと、クビになった職場からの紹介で違うところの今と同じ職種の面接もある。こっちは正直行きたくない。もうお断りの電話をかけてもいいくらいの気持ちでいる。そもそも言うならもっと早く言えと思う。いちいち言うのが遅いのだ。わたしが最高に希望していた職場の締め切りは今月の頭だった。そもそも更新は絶対されるからと言われたのでいやいや申し込んだのにこのざまか、と思う。だったら最初から希望していた職場に申し込んだのになあ、と思う。「なんだかいいように使われちゃったね」と母に言われたが、その通りだなと思った。あんなに人が少ないと言っていたのに。ただ就業時間をすぎたのに居残りでおばさんたちのおしゃべりに付き合わなければならないのがなくなると思うとせいせいする。今日も仕事は嫌なことばかりだったけれど、それも三月で終わると思うと大丈夫になった。すごいね。四月からはまた違うところになる予定だ。がんばらねば

広告を非表示にする

二月二十三日

仕事をクビになった。ちゃんというと更新されないことになった。今の仕事は更新制で三月に更新が切れるんだけどそこで切れた。理由を聞いたらもっといい人が取れたから、だそうで。いっそ、なんでわたしなんですか、もっと他にもいっぱい人いたじゃないですか、わたしよりも後に来た人だって経験のない人だっていたじゃないですか、その人は来年も更新されるんですか?不公平じゃないですか?って言おうとしたけどやめた。そうするとなんだかわたしが負けたみたいになるから、それって無職になるってことですか?勤務態度が悪いってことですか?って聞いた。そうじゃない、もっと経験の深い人が来たからだと思うと言われた。思うってなんだとおもうけど、きっと向こうも上から言われたことを伝えているだけなんだから仕方ないと思った。なんだか次の仕事一緒に探そうか、と言われたけどなんてことを言うんだと思ってしまった。そう言うのが一番嫌いだ。うわべだけ優しくしようという気持ちが見えている気がするから嫌いだ。それよりも、仕事の更新をされなかったことになんとなくがっかりしている自分が嫌だ。気持ちがわるい。あんなに嫌だったのにいざなくなるとこんなふうになるのかと思った。ああやだめんどうくさいとおもっていたのに。そもそもこんな時期に言われたって次の仕事なんて見つかるはずがないのだ。だってもうほとんどしめきっているのに。何を考えているんだ、何の恨みがあるんだ、と余計なことばかり考えて、最終的にやっぱりわたしは嫌われているんだというところにいきつく。

そうなのだ。最近はまわりがみんなわたしのことを嫌っているように感じている。多分そうなんだけど特に一緒の部屋にいる人はすごいそう感じる。わたしの精神面にも問題はあるけれど、気にしすぎと言われたけれど、そんなことを言われたってそうなんだからしょうがないし、そもそもそういうことに無頓着なら最初からおくすりをのむ生活をしなくていい人になっているはずだと思う。前よりも口調が荒くなった、冷たくなった、無視をされることが増えた、イライラをぶつけられている気もする、ため息が増えた。わたしの気にしすぎなのかもしれないけれどそういうところがある。原因はわたしにあることはわかっている。その原因がなんなのかも多分わかっている。でもそれはどうすることもできない。ここ最近はほんとにそう。みんなが私の悪口を言っている気がする、仕事上早く帰るんだけどそのあとに悪口を言われているように思う。もうだめかもしれない。

広告を非表示にする

二月二十一日

仕事で嫌なことがあった。仕事でいいことなんてほとんどないから日常といえば日常なんだけどそれにしたって嫌なことだった。いっそ泣いてしまおうかと思ったけど仕事中で、トイレにも駆け込めなかったからやめた。ぎりぎりで泣かずにいたけれど泣いてしまったほうが良かったかもしれない。なんともないふりをしたけれどいまになってじわじわきている。なんともないわけがなかったんだと思う。なんともあった。なんで私がこんなことしなければいけないんだろう、なんで私が、なんで私がって延々考えながら仕事をしていた。前もこんなようなことがあったような気がする。前の職場のほうが放任だったので良かった。今の職場は良くも悪くも関わりすぎている。わたしは何も言われたくないしなにも関わってほしくないし、特に家庭のことについてはやめてほしいと思っているんだけどそこにまで入り込んで何か文句を言って出ていくような人ばかりだ。よくない。この職場がおかしいのか前の職場がおかしいのか、今の職場が普通なのかわからないけれどとにかく嫌だ。こんな嫌なことがあと何日も続く。めんどうくさい。

広告を非表示にする

二月二十日

今日は本を買ってきた。最近はエッセイばかり買っているのだけれど、今日もエッセイを買ってきた。とてもよかった。なんだかよかった、だけではなんだかだめなのかもしれないと思うけれどよかった以外に何も言えないから困る。語彙がないのもそうなんだけど、なんやかんや言ってしまうとよさがなくなっちゃう気がする。人の考察を見るのは好きなんだけどそれは好きな人に限って、みたいなところがあるからかもしれない。嫌いな人の考察をみるとは?お前が何言ってるんだよって思っちゃう。性格が悪い。わかっています。

仕事で嫌なことがあった。そもそも仕事でいいことはあったためしがない。おもしろいことは時たまに起こるけどいいことはないなと思う。そもそもこんな仕事したくないし、毎日毎日いやだいやだと思って生きているし仕事に行っている。好きなことを仕事にできるなんて思ってもいないけれど、でも、好きなことを仕事にしたいと思ってしまう。とにかく人と関わりたくない。人と関わることは好きではないのでできるだけ人と関わらない仕事がしたいのだけれど持っている資格は人と関わらなくてはいけないものなので仕方なく働いている。いっそ資格なんて関係なく働けばいいのだけれどそうするとなんで大学に行ったのかわからなくなるのでここで働くしかない。つらい。つらいけど結局は自分が選んだのだからふんばらなくてはならないとおもう。

広告を非表示にする

二月十九日

三日くらい前に新しい歌手のCDを買った。今は高校生のわたしみたいにジャケットで選んで買ったり口コミで買ったり雑誌を見て買ったりして失敗する前にインターネットで聞いてから買えるのですごい。高校生のときもインターネットはあったけれど、わたしはまだ使えてなかったからよく失敗していた。なつかしい。でもピープルはなんとなく買って大成功だったから、よくわからない。失敗も成功もあった。

新しい歌手の人は、メンヘラ 歌手 で検索してまとめサイトにのってたから買ったんだけど、ほんとうによかった。検索の仕方はちょっとあれなんだけども、ほんとうによかった。またこれで好きな歌手の人が増える。いいことだと思う。好きなバンド解散しちゃうし、解散しちゃうし。悲しい。でもボーカルの女の子が夢の中やウォークマンのなかで会えますよって言っていて、すごいよかった。悲しいけど。

 

今は五月の原稿をしている。まだ申し込んでいないしスペースがあるのかもわからないけれど書きたくなったので書いている。幽霊と女の子の話と、人がしぬはなし。前は人がしぬはなしは怖くてかけなかったんだけど、最近は書けるようになった。病気がよくなってるのかもしれないし、ちゃんと想像と現実の線引きができてきたのかもしれない。病院の先生にも相談してないからよくわからない。

昨日今日はずっと原稿をしている。外には一歩も出ていないしでる予定もない。本当はちょっとだけ展示に行こうと思ったんだけど場所が横浜だったので、遠くて断念した。最近は近場にしか行っていない。またこんど機会があったら行きたいと思う。

広告を非表示にする