二月二十三日

仕事をクビになった。ちゃんというと更新されないことになった。今の仕事は更新制で三月に更新が切れるんだけどそこで切れた。理由を聞いたらもっといい人が取れたから、だそうで。いっそ、なんでわたしなんですか、もっと他にもいっぱい人いたじゃないですか、わたしよりも後に来た人だって経験のない人だっていたじゃないですか、その人は来年も更新されるんですか?不公平じゃないですか?って言おうとしたけどやめた。そうするとなんだかわたしが負けたみたいになるから、それって無職になるってことですか?勤務態度が悪いってことですか?って聞いた。そうじゃない、もっと経験の深い人が来たからだと思うと言われた。思うってなんだとおもうけど、きっと向こうも上から言われたことを伝えているだけなんだから仕方ないと思った。なんだか次の仕事一緒に探そうか、と言われたけどなんてことを言うんだと思ってしまった。そう言うのが一番嫌いだ。うわべだけ優しくしようという気持ちが見えている気がするから嫌いだ。それよりも、仕事の更新をされなかったことになんとなくがっかりしている自分が嫌だ。気持ちがわるい。あんなに嫌だったのにいざなくなるとこんなふうになるのかと思った。ああやだめんどうくさいとおもっていたのに。そもそもこんな時期に言われたって次の仕事なんて見つかるはずがないのだ。だってもうほとんどしめきっているのに。何を考えているんだ、何の恨みがあるんだ、と余計なことばかり考えて、最終的にやっぱりわたしは嫌われているんだというところにいきつく。

そうなのだ。最近はまわりがみんなわたしのことを嫌っているように感じている。多分そうなんだけど特に一緒の部屋にいる人はすごいそう感じる。わたしの精神面にも問題はあるけれど、気にしすぎと言われたけれど、そんなことを言われたってそうなんだからしょうがないし、そもそもそういうことに無頓着なら最初からおくすりをのむ生活をしなくていい人になっているはずだと思う。前よりも口調が荒くなった、冷たくなった、無視をされることが増えた、イライラをぶつけられている気もする、ため息が増えた。わたしの気にしすぎなのかもしれないけれどそういうところがある。原因はわたしにあることはわかっている。その原因がなんなのかも多分わかっている。でもそれはどうすることもできない。ここ最近はほんとにそう。みんなが私の悪口を言っている気がする、仕事上早く帰るんだけどそのあとに悪口を言われているように思う。もうだめかもしれない。

広告を非表示にする