読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三月十一日

いろんな映画のネタバレがあります。

 

彼らが本気で編むときは、 をみてきた。きのうのはなし。好きな監督さんだったのでわくわくしながらみにいったらすごくよかった。ちょっと薄暗い感じがとても好き。あと桜のなかでお弁当食べてるところと、海のところでともさんが走って行って、そのあとでふたりが手を繋いでゆっくり歩いていくところがすごく好き。ここからもこれからも個人の感想です。桐谷さんが好きな友だちと三人でみにいったのだけれどわたしは途中まで桐谷さんが誰なのかわからなくておろおろした。わたしは原作を読んでいないので原作との違いとかは分からないのだけれどすごいよかった。あの男の子はこのあとあのお母さんだし、あの学校だし、たぶん少しつらいことになってしまうんだろうなと思ったら悲しくなってしまったし、最後にりんこさんを選ばなかったことにも少し悲しくなってしまったけれど、ほんとうにとても優しい映画だった。ほとんどのひとがみんな優しくて、でも世間の目とか学校の人たちの考えとかがつらくて、でもそんなのおかしいよなと思ったり考えさせられたりした。みんながみんな幸せになってくれればいいと思う。とくにあの男の子は中学受験するようだったしそのときに幸せになってくれればいいなと思う。さいごのところもすき。なんかすごい優しい映画だった。

あと最近みた映画のこと。告白 みました。テレビでやってて、本当は映画館で見たかったんだけどなんとなく時間が過ぎてしまっていけなかった。好きな監督さんでわくわくしながら見たんだけど原作と違って少しえっと思った。原作厨なので。でもすごいよかった。音楽も映像もすごいかっこよくて、きれいで、すごくよかった。原作読んでも映画をみてもあの電気屋じゃない方の男の子のお母さんにはすごいイライラする。

最近じゃないけど 怒り みました。もう去年の話。原作から読んだのでなんでお墓のところやらないのと思ったけれど、お弁当のところがすごい幸せで泣いてしまった。あと沖縄編がちょっと変わっててわたしは原作の方が好きなのでまたちょっと違う……と落ち込んだりもした。でもすごいよかった。松山さん編(何編だか名前を忘れました……)が幸せになりそうだったのでもうそれだけですごいよかった。ありがとうございますの気持ちです。でもお墓はちょっと悲しかった。なんべんも言っちゃうけど。この映画もきのうと同じ友だちとみにいったのだけれどそれぞれ悲しんでるところも受け取り方もなにもかも違っててなるほど、と思ったりもした。もっと前にみたのは 君の名は。 なんだけどもう最高しか言えないので最高です。前から音楽のバンドがとても好きだったので映画館で曲が流れているのを聞いただけで泣いてしまった。わたしは好きだのところでちょうどスパークルが流れているのがもう好きすぎて思い出すと泣いてしまうくらい好きなんだけどほんとうに好きです。あと この世界の片隅に もみた。つらいけれど優しい映画ですごいよかった。好きなんだけど、なんとなく嫌な思い出も一緒に思い出しちゃうようになってしまったので大声で好きとは言えなくなってしまって悲しい。つらさのなかに希望とか、未来とか、なんかその先の明るい部分が見えているのがすごく好き。大声じゃ言えないけれど。

広告を非表示にする